不登校の子どもへの正しい接し方

何時も通り接する事が大切

学校不登校になっている子どもの接し方はとても難しいです。不登校になっている子どもは、好き勝手に不登校になっている訳ではないです。気にしている子どもも多いので、少しでも精神的に回復できるようにこれまで通り、普通に接していく事が何よりも大切になります。できる限り学校という場所を思い出させないように接していけば、ちょっとずつ精神的に回復できます。 ある程度回復できれば、再び学校に通えるようになったり、他の教育施設を選べるようになり、選択肢を増やせます。学校の話をしたり、強制的に通わせると再び精神的な苦痛を発生させてしまう為、状況によっては家族の絆に問題が生み出されるので注意です。何時も通り接していき、無理をさせない事が大切になります。

頑張れは精神的な負担を与えるので注意

不登校になった子どもに絶対言ってはいけない言葉は、頑張れという言葉になります。頑張れという言葉を不登校の子供に言ってしまうと精神的にダメージを与えてしまい、もっと深刻な状況に発展する恐れが出てきます。すでに心がボロボロになっている状態の為、頑張れという言葉は追い打ちをかけてしまうので注意です。がんばれではなく、無理をさせないようにサポートしてあげるのが重要になります。
精神的にダメージを受けている子供も現状の状況に満足するのではなく、少しでも改善したいと考えているケースが多いです。不登校になった子どもの意見や考え方をできる限り尊重していき、子どもの未来を明るくできるように支えてあげるのが正しい接し方です。

フリースクールを東京で経営するメリットは、生徒数が多いという点です。東京には、不登校などでフリースクールに通いたいという学生の比率が都会なので多いです。